毎日献立を考えるのが苦痛な人におススメな厳選した3つの解決方法

料理の悩み
えみ
えみ

毎日献立を考えるのって本当に大変ですよね・・・。

特に結婚して主婦になると、今までは「めんどくさいから抜けばいっか」とか、「適当に菓子パンで済ませちゃお」で終わっていたのに、仕事して帰ってくる夫のためにおいしいものを作らなきゃ!っていうのが毎日続いて疲れちゃいますよね。

更に小さい子どもがいると夫の食事+下の子用の離乳食+上の子用の薄い味付けっと準備する種類まで増えてしまう。少しは楽したいけど子どもの栄養を考えると手を抜けないし、自然とプレッシャーがかかって精神的に疲れてしまいますよね。

そんなあなたのために私が厳選した3つの方法を紹介しますので、「これ出来そうだな」っと思ってみたものを実践してみてください。

○1週間のレシピローテーションを決めてしまう

結構実践している人も多いのではないでしょうか。
月:豚肉野菜炒め
火:鮭のホイル焼き
水:肉じゃが
木:シチュー
金:ぶり大根
土:キムチ鍋
日:カレー
みたいな感じで1週間のローテーションを固定で決めてしまうと楽ですよね。近場のスーパーで毎週何曜日はこれが安い!っていうので何にするか決めてしまうのもいいともいます。

品目を固定するのではなくて、ジャンルだけ決めておくでもいいですね(鍋系、煮物系とか)

ちなみに私の実家は毎週日曜日がカレーだったのですが、カレーといえどもその日によってルーが違ったり(特売のルーが毎回違った?)、父親と母親で交互に作っていてそれで味が変わったりしたので、特に飽きたりすることはありませんでした。

私自身はちびちゃん用のご飯は夫の休みの日に、いつも決まったものをまとめて作って冷凍してストックしておき、その日の気分で色んな組み合わせで出していました。

品目固定でも、少し変わった食材を入れてみるだけでもいつもと変わって飽きずに実践できると思います。どうしても飽きてしまった場合は、ローテーションを2週間で組むのおススメです

○冷蔵庫に今あるものと特売のチラシで買うものでレシピを検索する

冷蔵庫にちょっとだけ余った野菜の切れ端とかをうまく使えず、よく腐らせてしまったりしていませんか?

料理が苦手だとレシピ通りは作れるけど、ちょっとずつ余った色んな食材は使いこなせないよ!という人もいるのではないでしょうか。

そんな人に特におすすめの方法です。冷蔵後の余っている使いたい食材とスーパーの特売で買おうと思っている食材を検索すれば大体何かしらのレシピが出てきます。その中から良さそうなのを選ぶだけなので簡単に実践出来ちゃいます♪

ただし、買い物の仕方によっては毎回肉野菜炒め系のおかずになったり、鍋に偏ったりとあまりジャンルをまんべんなく散らせなく、似通った単純なメニューになりがちなので、たまに変わった食材を検索してみるのがいいと思います。

○ミールキットの利用 ★一番オススメ★

私が一番おススメなのがミールキット、とくにヨシケイの利用です。管理栄養士監修のメニューで栄養面も問題ないですし、考えなくてもレシピ通り作るだけでいろんな種類のご飯を美味しく作れちゃいます。

さらに、届いた食材から離乳食の準備もできちゃいます!これもレシピ付きです。いろんな種類のメニューも届いた食材使い切りで作るだけで準備出来てしまうのは嬉しいですよね。

えみ
えみ

私はミールキットを使うことで食事の準備に関する時間が2時間も減り、子どもと心に余裕をもって接することが出来るようになりました。

それに、レシピカタログを見ながら「あ、これおいしそう!」っと思ったものを選べばいいので、来週の献立は何にしようと考えるのが苦痛だったのが、楽しくなりました。

今なら1食300円でお試し出来ちゃいます。キャンペーン内容は過去何度が変わっているようなので、今のうちにぜひ試してみてください。おススメはカットミールのコースです。

公式サイトはこちら

YOSHIKEI(ヨシケイ)

詳細が気になる方はこちらでレビューしていますので参考にしてください。

ヨシケイの体験談、口コミや良かった点・悪かった点を本音でレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました